基本的に、舞台は平行線だ。境があるっていう意味。
境があるって意味では、球がやりたい。球の内側は楽しい。球の外側は(内側からみて)否定はしない。